2007年02月03日

アダージオ3WIN

★保険会社 ハートフォード生命

★運用成果確保と元本保証の機能を同時に提供することを可能とした変額個人年金保険「アダージオ3WIN」を発表した。

★「アダージオ3WIN」の商品名は、「3つのWIN」.3つのメリット.に由来している。

★「アダージオ3WIN」には、「3つのWIN」を実現するため、以下の機能が盛り込まれている。

■WIN1 安定的な資産の成長

特別勘定(ファンド)は、投資対象として株式40%(うち外国株式30%)と債券60%(うち外国債券35%)を組み入れたバランスファンドで、安定的な成長を目指す。

■WIN2 運用成果の確定

目標金額の設定機能を付加し、早期の年金受け取りを可能とした。
目標金額は、基本保険金額の120%・130%・140%・150%から選択することができるほか、目標金額を設定しないことも可能。
契約日からその日を含めて5年を経過する日の翌日から、契約日からその日を含めて10年を経過する日までに、積立金額が設定した目標金額に到達した場合には、積立金を特別勘定から一般勘定へ移行し、早期に運用成果を確定することができる。
受取方法は、一括受取もしくは年金支払期間が10年の確定年金のいずれかを選択することができる。
また、所定の条件を満たした場合は、4つの年金受取方法のいずれかに変更することもできる。
なお、5年の運用期間を経過した後、確定した運用成果は一括受取の際でも源泉徴収されることがない。(※1)

(※1)一時所得の対象となります。平成19年1月現在の税制に基づく。

■WIN3 二種類の元本保証

(1)設定した目標金額に到達しなかった場合、10年の運用期間満了時には元本(基本保険金額)相当額を最低保証した年金原資を一括受取、もしくは年金支払期間が10年の確定年金のいずれかで受け取ることができる。

(2)金額が元本(基本保険金額)の80%以下となった場合は、その時点で自動的に運用を中止し、積立金を特別勘定から一般勘定に移行する。
その場合、元本(基本保険金額)相当額の年金受取総額を最低保証した、年金支払期間が15年の保証金額付確定年金へ移行、もしくは元本の80%相当額の一括受取より選択することが可能。



★発売日

■2007年2月5日
住友信託銀行、北陸銀行、京都銀行、泉州銀行、阿波銀行、北越銀行、紀陽銀行、荘内銀行、東京都民銀行、但馬銀行の10行

■2007年2月13日
りそな銀行、埼玉りそな銀行

■2007年2月19日
群馬銀行

■2007年2月19日
大分銀行



※「アダージオ3WIN」は商品の総称。
※同商品は2003年9月に発表した商品「変額個人年金保険I型2003」ならびに「変額個人年金保険II型2003」に、多機能付年金特約を付加したもの。
※商品名、付加した特約ならびに特別勘定の内容は販売会社によって異なる。
ラベル:変額年金
posted by 生保マスター at 10:47| ハートフォード生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

アダージオV3

★保険会社 ハートフォード生命

★ハートフォード生命、変額個人年金保険「アダージオV3」の販売で、新たに山陰合同銀行と提携。

★今回の山陰合同銀行との販売提携により、ハートフォード生命の個人年金保険を取り扱う金融機関は58社となる。

★退職後の豊かな生活に備えるための「ふやしたい」、「うけとりたい」、「へらしたくない」というニーズに対応し、株40型と株60型の二つのコースを設けている。

★また、長生きのリスクに対応するため、一生涯にわたり年金の受け取りを可能とする「保証期間付終身年金」や「一時金付終身年金」等の年金受取方法を選ぶことができる。

■「ふやしたい」:安定的なリターンの追求

特別勘定(ファンド)は、投資対象として株式と債券を組入れたバランスファンドで分散投資を行う。「株40型」は株式40%、債券60%を組入れた安全性重視の資産配分であり、「株60型」は株式60%、債券40%を組入れた成長機会を享受できる資産配分としている。

■「うけとりたい」:契約1年後から「分配金」の受取可能

契約1年後から、元本の最大3%(年間)を「分配金」として受け取ることが可能。
「分配金」は、ニーズに合わせて毎年の受取回数を選択できる。
また請求の都度の受け取り、受け取り開始後の中断や再開等の利用も可能。
一方で、「分配金」の受け取りをせずに、元本を据え置いて運用するプランも選択できる。

■「へらしたくない」:元本(一時払保険料相当額)を受取総額で最低保証

「最低保証付終身年金」及び「最低保証付確定年金」は、万一運用が思わしくない場合でも、受取総額(分配金受取累計額と年金保証額の合計)は、元本が最低保証される。
元本保証を受けるための最低運用期間は、「株40型」では10年、「60型」では15年となっている。

★発売日 2007年2月1日

ニュースリリースより抜粋)
ラベル:変額年金
posted by 生保マスター at 12:32| ハートフォード生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハートフォード生命

★ハートフォードおよびハートフォード生命保険株式会社について

★フォーチュン100社の1社。

★ザ・ハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループ・インク (ニューヨーク証券取引所取引コード:HIG、以下「ハートフォード」)は、米国で最も由緒ある大手保険および金融サービス会社の1つ。

★ミューチュアル・ファンドを含む投資金融商品をはじめ、各種生命保険、団体年金、団体生命保険、自動車保険、住宅保険、法人向け損害保険などを提供している。

★2005年における収入は約271億ドルに達している。

★ハートフォードは、日本、ブラジル、英国で国際事業を展開している。
ラベル:生命保険会社
posted by 生保マスター at 12:22| ハートフォード生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。