2007年07月30日

アクサ生命 限定告知型終身医療保険「新安心基準」

★保険会社 アクサ生命保険

アクサ生命保険株式会社は、2007年8月6日より、限定告知型終身医療保険新安心基準」の販売を開始する。

★「新安心基準」は、告知項目を4つに限定し、通院治療中でも加入することができるよう引受基準を緩和した「限定告知型終身医療保険」。

★従来の医療保険では健康上の理由で引受けが困難だった被保険者の方にも、保険加入の機会が広がるほか、契約後においては、契約前に発病していた病気が再発・悪化した場合でも入院や手術給付金を受け取ることができる。

★取扱基準
限定告知型終身医療保険(主契約)
    契約年齢        40歳〜70歳
    保険料払込方法    月払、半年払、年払
    保険期間        終身
    入院給付金日額    3,000円〜10,000円

限定告知型終身保険特約
    最高保険金額      1,000万円


★「新安心基準」の特徴
主契約は、1入院120日型の入院給付金(1泊2日から保障・通算1095日)、手術給付金(入院給付金日額の15倍)、入院無事故給付金(10年ごとに所定の無事故に該当の場合入院給付金日額の10倍)から構成される終身医療保険。

払いもどし金があるタイプとなっているため、被保険者死亡時には死亡時返戻金(責任準備金と同額)を支払う。(特約として限定告知型終身保険特約を付加すると、一生涯の死亡保障を確保することができる。)

1)治療中でも、次の4条件を満たせば加入できる。

■「過去2年以内の病気やけがの入院・手術歴がないこと」
■「過去5年以内のガン入院・手術歴がないこと」
■「ガン、慢性肝炎、肝硬変で診査・検査・治療・投薬中でないこと」
■「最近3ヶ月以内に、医師の診察または検査により入院または手術をすすめられていないこと」

*告知項目を限定しないタイプの医療保険と比べて、保険料は割高となる。

2)契約前の病気が再発・悪化した場合でも給付金を受け取ることができる。

■責任開始期前に発病した疾病を直接の原因とする入院又は手術であっても、責任開始期以降に症状が再発・悪化したことにより入院や手術が必要になった場合は、疾病入院給付金や手術給付金を受け取ることができる。

3)支払削減期間

■契約日から1年以内に主契約や特約の各支払事由に該当した場合は、支払いできる給付金・保険金が50%削減される。

4)セカンドオピニオンサービス

べストドクターズに登録されている日本国内の医師(約2,400人)の中から、病状に適した経験豊富な医師(最大3名)をご紹介するサービスが受けられる。

*セカンドオピニオン取得にあたって医療機関にて発生する受診費用、医療機関までの交通費などは利用者負担となる。


(07/07/26)
posted by 生保マスター at 14:12| アクサ生命(AXA生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

アクサ生命 アクティブジェネレーション(変額個人年金)

★保険会社 アクサ生命保険

アクサ生命保険株式会社は、2007年4月2日より代理店を通じて変額個人年金保険「アクティブジェネレーション」を、販売開始する。※正式名称:保証金額付特別勘定年金特約(終身型)付変額個人年金保険(06)

★「アクティブジェネレーション」は、団塊の世代をターゲットとした終身型の変額個人年金保険

★積立期間は最短1年から自由に設定できるとともに、受取総額の保証金額を増やすための2つの機能(「ロールアップ保証機能」と「ラチェット保証機能」)を備えている。

★年金支払い開始後も特別勘定で運用を続け、さらなる受取総額保証金額*1の増加を狙いながら一生涯年金が受け取れる。

★アクティブジェネレーションの特長
■最短で1年後から年金受取開始が可能
積立期間は、契約時に1年〜35年の間で年単位で設定可能、最短で1年後から年金受取を開始することができる。

■受取総額保証金額が運用実績にかかわらず毎年増加、運用が好調ならば上方に見直し
一時払保険料(元本)を毎年2%ずつ逓増させた受取総額*2が最低保証される(ロールアップ保証機能)。
たとえば積立期間10年経過の場合は、一時払保険料の120%の受取総額が最低保証される。また「株式市場等の上昇局面をとらえて受取総額をさらに増やす」ために、積立期間中の契約応当日ごとに、特別勘定の運用成果を受取総額に反映させる機能を持ち、パフォーマンスが好調な場合は受取総額保証金額が増加する。
一度増加した受取総額保証金額はその後下がることがない(ラチェット保証機能)。

■生涯の年金を保証、年金開始後にも受取総額保証金額が増加するチャンス
年金支払開始日以降は、受取総額保証金額に対する一定割合(積立期間5年以上の場合は4%)の年金を一生涯受け取ることができる。
年金開始後においても、特別勘定で運用を継続するため、受取総額保証金額がさらに増加するチャンスがある。

*1 受取総額保証金額:毎年の年金額の算出基準となる金額で、年金と死亡一時金をあわせた受取総額はこの金額まで最低保証される。
*2 受取総額が保証されるのは終身年金としての受け取りの場合のみであり、一括受取の場合、保証はされない。

(07/04/02)
posted by 生保マスター at 13:50| アクサ生命(AXA生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

5年計画

★保険会社 アクサ生命

★みずほ銀行で変額個人年金保険「5年計画」を販売。

★正式名称 保証金額付特別勘定年金特約(定期I型/定期II型)付変額個人年金保険(06)]

★「5年計画」は、受取総額の最低保証を「できるだけ早い段階で確定させて、安心したい」、「将来の受取総額をじっくり増やしたい」というニーズに対応して開発された変額個人年金保険。

★最短5年の据置期間で、一時払保険料(元本)の100%が受取総額として最低保証される。

★「株式市場等の上昇局面をとらえて、受取総額を増やす」ために、据置期間中の契約応当日ごとに、特別勘定の運用成果を受取総額に反映させる機能を持ち、パフォーマンスが好調な場合は受取総額保証金額(*)が増加する。

 *:毎年の年金額の算出基準となる金額。受取総額はこの金額まで最低保証される。


★一度増加した受取総額保証金額はその後下がらない(ステップアップ保証機能)。

★据置期間を当初から長めに設定できる場合、据置期間10年以上で、一時払保険料の110%が受取総額として最低保証され、死亡給付金額も据置期間中の10年間に毎年1%ずつ逓増するプランも選ぶことができる(10年据置ボーナス機能)。

★据置期間と年金受取期間の関係にも新しい工夫がなされており、定められた保険期間(通算20年)の中で、「据置期間」の伸縮によって「年金受取期間」が調整され、常に20年から据置期間を差し引いた年数が年金受取期間となる(年金受取期間短縮機能)。

★たとえば据置期間を5年とした場合の年金受取期間は15年となる。

★据置期間は最長で17年まで延長することが可能で、この場合の年金受取期間は3年となる。

★クーリングオフ制度の対象商品。

★契約年齢 0〜80歳

★保険料払込方法  一時払

★保険料 最低300万円〜最高5億円

★発売日 2007年2月1日

ニュースリリースより抜粋)
posted by 生保マスター at 22:51| アクサ生命(AXA生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AXAグループ

★AXAグループは、フィナンシャル・プロテクション分野で世界をリードするグローバル企業。

★ヨーロッパ、北米、アジア・太平洋地域を中心に、世界各国で事業を展開している。

★AXAはパリ証券取引所に株式を上場、ニューヨーク証券取引所には米国預託株式(ADS)を上場している。
posted by 生保マスター at 22:38| アクサ生命(AXA生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

ベストツインズ(のび太とふえ太)

★生命保険 アクサ生命

★2007年1月22日より、リタイアメント世代向け投資型個人年金保険「ベストツインズ(のび太とふえ太)」を三菱東京UFJ銀行を通じて販売開始。

★「ロールアップ保証」と「ラチェット保証」、2つの機能で「伸びる」と「増える」を同時に実現。2つの受取総額保証機能を併せ持つ投資型個人年金保険は日本初(*1)。

★一時払保険料(元本)を毎年2%ずつ逓増させた受取総額を最低保証する機能を持つ(ロールアップ保証機能)個人年金保険。

★運用期間10年経過の場合、一時払保険料の120%が受取総額として最低保証される。

★同時に積立期間中の契約応当日前日ごとの運用成果を受取総額に反映させる機能を持ち、一度反映した受取総額はその後下がることがない(ラチェット保証機能)。

★年金支払開始日においては、運用成果に基づくその時点での積立金額と、ロールアップ保証機能によって確保された受取総額保証金額(*2)、ラチェット保証機能によって確保された受取総額保証金額のうち、最も大きい金額が、以後の年金支払や死亡一時金支払の基準となる受取総額保証金額となる。

★年金支払開始日以降は、受取総額保証金額に対する一定割合(運用期間5〜10年の場合は4%)の年金を一生涯受け取ることができる。

★被保険者が死亡した場合は、受取総額保証金額から既に支払われた年金累計金額を差し引いた金額、またはその時点での積立金額のうち、いずれか大きい金額を死亡一時金として受け取ることができる。

★「ベストツインズ(のび太とふえ太)」は、55歳以上のリタイアメント世代を中心的なターゲットとして、一生涯にわたる年金と死亡時の一時金を合わせた受取総額を安全、確実に増やすことができるほか、流動性にも配慮し、最短で1年後からでも年金受取りを開始できる。

★平均余命の伸長に伴い、長生きに対する備えとして計画的に生活資金を確保しておきたいというニーズが高まっている。「ベストツインズ(のび太とふえ太)」は、退職時期を迎え、「安心してセカンドライフを楽しみたい」という、「団塊の世代」を中心とした声にお応えして誕生した投資型個人年金保険。

(*1): 2007年1月18日時点で、ロールアップ保証機能とラチェット保証機能を組み合わせた受取総額保証のある個人年金保険は日本初。(当社調べ)
(*2): 毎年の年金額の算出基準となる金額。受取総額はこの金額まで最低保証される。

ニュースリリースより抜粋)
posted by 生保マスター at 22:29| アクサ生命(AXA生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。