2007年01月29日

炎症性腸疾患の契約引受基準を一部を見直し

★保険会社 三井生命

★三井生命保険株式会社は、NPO法人日本炎症性腸疾患協会と連携して、1月22日より代表的な炎症性腸疾患(以下IBD)である潰瘍性大腸炎とクローン病に対する生命保険契約の引受基準を一部見直すこととした。

★引き続き、生命保険契約の引受における医学的な側面も含む全般的な査定技術の向上を図り、公平な観点から、引受対象をより広げていくよう取り組んでいく。

★見直しの背景・概要

潰瘍性大腸炎(注1)とクローン病(注2)については、根治的な治療が確立していない疾患として位置付けられていたことから、これまで当社では当該疾患患者の方々については、生命保険契約の引受対象としていなかった。
しかしながら、両疾患に対する治療技術の進歩により死亡および入院リスクが著しく改善している現状に鑑み、この度CCFJと連携して、疾患の重症度や治療内容等を勘案のうえ、一定条件のもと全生命保険契約に関して引受を行っていくこととした(注3)。
これにより、今まで生命保険契約にご加入できなかったIBD患者の方々が、一般のお客さまと同様にご加入いただけるようになる。(ただし、保険種類等によっては引受できないケースもある。)

(注1)大腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍やびらん(ただれ)ができる原因不明の病気で、主な症状は、血便、粘血便、下痢や腹痛等。炎症が起きる場所は、直腸を中心として始まり、大腸全体にまで広がることがある。また、長期的にわたり良くなったり、悪くなったりを繰り返す。

(注2)小腸や大腸に潰瘍ができて、それに伴い腹痛や下痢が生じる病気。薬物療法や栄養療法で症状を抑えることができるが、現在のところ病気を完全に治す治療はわかっていない。

(注3)申込みにあたっては、通常の申込書類(申込書、告知書等)に加え、専用診断書を別途提出していただくことが必要。なお、告知内容や専用診断書内容等に基づいて査定した結果、お引受できない場合や、条件付にて引受させていただく場合もある。

【炎症性腸疾患専用お客さま相談窓口の連絡先】
 三井生命コミュニケーションセンター
 0120−270−706 
(土・日・祝日を除く9:00〜17:00)

ニュースリリースより抜粋)
posted by 生保マスター at 22:01| 三井生命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。