2007年02月09日

ソニー生命 平成18年度第三四半期 業績

★保険会社 ソニー生命

★ソニー生命保険が発表した平成18年度第三四半期(2006年4―12月期)業績は、保険料収入が4429億円で、前年同期に比べて4.2%増えた

★11月に投入した介護保障保険の新商品などの売れ行きが好調だった。

★保障の総額を示す保有契約高も4.3%増え、約29兆8000億円となった。

新契約年間換算保険料は、9.4%増加したものの、第三分野に限っては、0.1%の減少となった。

ニュースリリース

(2007/02/09)
ラベル:業績
posted by 生保マスター at 09:40| ソニー生命(SONY生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

エイゴン社(オランダ)と生命保険子会社設立

★保険会社 ソニー生命

★ソニー生命保険株式会社とAEGON N.V.(CEO:Donald J. Shepard、本社:オランダ、以下エイゴン)は、当局の今後の認可を前提に、共同で生命保険子会社の設立に向けた準備に入ることについて基本合意に達した。

★新会社は個人年金保険商品を開発・販売する新会社として設立。

★開発した商品は、銀行等の金融機関窓口、並びにソニー生命のライフプランナーを核とした販売チャネルを通じてお客さまに提供することを検討中。

★取扱商品の幅が広がることで、より充実したライフプランニングが行えると考えている。

★平成14年に個人年金保険商品の銀行窓販が解禁されて以来、年金保険商品、とりわけ変額個人年金保険商品の市場が急速に拡大している。平成17年度末には変額個人年金保険の保有契約高は10兆円を超え、平成18年度上半期の販売額は2兆円に達した。

★新会社の概要
 会社名:未定
 本社所在地:東京都(予定)
 資本金:200億(予定)
 設立予定等:設立予定 2007年内(予定)
      :販売開始 2008年(1月〜3月を予定)
 株 主:ソニー生命保険株式会社50% エイゴン50%
 代表取締役:2名(ソニー生命から1名、エイゴンから1名)
 社員数:約60名(開業当初)

ニュースリリースより抜粋)
posted by 生保マスター at 21:48| ソニー生命(SONY生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

5年ごと利差配当付終身介護保障保険

★保険会社 ソニー生命(SONY生命)

★公的介護保険制度の要介護2以上の状態または会社所定の要介護状態(65歳未満)に該当した場合に、介護一時金および介護年金が支払われる。

★要介護状態が継続している限り一生涯にわたり介護年金が支払われる。

★公的介護保険制度の要介護2以上の状態または会社所定の要介護状態(65歳未満)に該当した場合、以後の保険料は不要。

★死亡した場合には、基本介護年金額の5・7・10倍(契約時に指定)の死亡給付金が支払われる。

★介護一時金・介護年金がすでに支払われている場合は、死亡給付金からすでに支払われた介護一時金・介護年金の合計額が差し引かれる。

★正式名称 5年ごと利差配当付終身介護保障保険

★契約年齢範囲 20歳〜85歳
  (5年ごと利差配当付介護一時金特約は20歳〜82歳)

★保険期間 終身

★保険料払込期間 3・5・10・15年、55〜85歳(5歳きざみ)、終身

★特約 5年ごと利差配当付介護一時金特約、保険料払込免除特約、5年ごと利差配当付年金支払特約

★年金額 10万円〜1,000万円

★発売日 2006年11月2日
posted by 生保マスター at 00:17| ソニー生命(SONY生命) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。